3月23日開催ウェビナー:企業がIoTから価値を引き出す方法をCloudera Enterpriseを使った事例でご紹介

2020年までに200億〜300億件のIoTデバイスが接続され、近年の最も破壊的な技術進歩の1つになる可能性があります。 しかし、適切なデータ管理戦略がなければ、IoTへの投資は限られた結果しか得られません。 世界各地の企業は、IoTデータ管理プラットフォームとして、Apache Hadoop上に構築されたCloudera Enterpriseを利用して、 今日の業界で魅力的なIoTユースケースを強化しています。 本ウェビナーでは、簡単なCDHの紹介とともにIoT事例をご紹介致します。

【開催概要】

開催日:第3回開催ウェビナー 3/23(木) 16:00-17:00
テーマ:企業がIoTから価値を引き出す方法をCloudera Enterpriseを使った事例でご紹介

【登壇者】

Cloudera株式会社 日向寺 正之

国内システムインテグレータ、外資系仮想化ベンダーおよびデータ分析ベンダーでプリセールス、ポストセールス、事業開発を経験後、 Clouderaに入社。現在はセールスエンジニアリングチームのマネージメントおよびお客さまの問題解決活動に注力。

Clouderaのウェビナーでは、「データがビジネスを加速する」といったテーマのもと、ビッグデータの分析手法、Clouderaの新しいプロダクトの説明や、業界のトレンド、お客様事例など、様々な情報を提供してまいります。
動画を見ながら参加できるウェビナーは、業務時間であっても気軽に会社のPCやスマートフォン・タブレットの端末から参加でき、また、移動中でもオンラインで情報取得が可能です。


*ご注意
・お申込みいただいた方には別途開始の3日前までに、参加方法や参加のURLが記載されたウェビナー受講票をメールにてお送りいたします。
・登録は3分ほどで終了します)
・上記のお申し込みフォームで申し込み頂けない場合は、メールにてお申し込みを受け付けております。以下の内容を記載いただき event-jp@cloudera.com までお申し込みください。

——–
姓 :
名 :
会社名 :
部署名 :
役職 :
TEL :
E-mail :
本ウェビナーへの参加目的 :
——–

どうぞよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ先】
Cloudera株式会社
〒104-0031 東京都中央区京橋2-7-14 ビュレックス京橋
担当:マーケティング&PR 風間
event-jp@cloudera.com


Contact us

製品やサービス、サポート、トレーニングについてのより詳しい情報は、下記までお問い合わせください。

Cloudera全般(日本語)
info-jp@cloudera.com
二ユースレター購読 (日本語)
Clouderaからの日本語での二ユースレター購読希望の方は
info-jp@cloudera.com
件名: ML_SUBSCRIBE
でメールをお送りください