Cloudera Navigator

Cloudera Enterpriseのための総合的なデータ管理機能を提供

Cloudera Navigatorは、Apache Hadoopシステム向けで初となる統合データ管理アプリケーションであり、Hadoop上の膨大なデータを、管理者やデータ管理者、データアナリストが、セキュアに管理および利用するためのすべての機能を提供します。

Contact_Navigator

 

Hadoopでは、さまざまな形態の大容量のデータを扱うことができますが、その一方でデータ管理の複雑さも増します。異なるソースからシステムに流れ込む多くのデータは、その構造、スキーマ、アクセスパターン、セキュリティ上の制約が異なっています。管理者は、ユーザーがデータに正しい方法でアクセスできるようにしつつ、同時に適切なセキュリティを確保しなければなりません。データ管理者は、規則に従ってデータが扱われるように管理と監査を行う必要があります。さらに、アナリスト、データサイエンティスト、一般のユーザーは必要なデータを容易に入手し、また、意思決定に効果的な考察を加えるためには、対象データがどっから来たかという点とその状態を理解する必要があります。Cloudera Navigatorは、これらの課題に対応できるようデザインされています。

Cloudera Navigatorの主要機能

• データ監査およびアクセス制御– ユーザーおよびグループによる、ファイル (HDFS)、レコード (HBase)、メタデータ (Hive) に対するデータアクセス権限を確認およびレポート
• 発見と調査 – データの効率的な利用を図るため、使用可能なデータとその構造を調査
• リネージ – データの遷移を最初のソースまで遡りトレースし、その結果に関する信頼性を検証
• ライフサイクル管理 – データの値やポリシーに基づき、データが正しく配置され保存されているかを確認

Cloudera EnterpriseおよびNavigatorの入手方法

Cloudera Enterpriseは、実業務に対してデータガバナンスやデータディスカバリーを実装する最適な手段となります。Cloudera Enterprise FlexまたはData Hub Editionの一部として Navigatorをデプロイすることで、業界屈指の経験と専門性を持つサポートチームによる電話サポートを直接受けながら、重要な業務プロジェクトを推進することができます。さらに、Navigator機能を備えた Cloudera Enterpriseによって、重要なデータセキュリティおよび監査機能に対する自動更新や、将来のリリースに対する要望の提起などを実施することができます。

より詳細な情報についてはこちらへ(Cloudera Enterprise) >>

Enterprise