Apache Spot (Incubating) がフォレンジック、テレメトリ、コンテキストデータに向けた 拡張性と柔軟性に優れたオープンソースサイバーセキュリティハブを提供

2017年2月27日

ClouderaとIntelのオープンソースプロジェクトが提供する機械学習と人工知能によるサイバーセキュリティアプリケーション

2017年2月9日 米国カリフォルニア州パロアルト発 -最新のオープンソーステクノロジーをベースに、データ管理と機械学習に向けた、最も高速で使い易くセキュアなプラットフォームを提供するClouderaは、本日、最新のオープンソースソリューションApache Spot (incubating) が、フォレンジック、テレメトリ、コンテキストデータに向けた、総合的かつ経済的なサイバーセキュリティハブとして実動可能になったことを発表しました。ログ管理、コンプライアンス、レポーティングおよび高度なネットフロー分析を組み合わせたこれらの機能は、高度な脅威の探索や、検知・調査に必要な時間を短縮する機械学習や人工知能 (AI) サイバーセキュリティアプリケーションに使用されています。ClouderaおよびIntelをはじめとするプロジェクト協力者が2016年9月に立ち上げたSpotは、同コミュニティがサポートするオープンデータモデルを通じて、さらにサイバー攻撃への対抗手段を拡大しています。

現在のサイバーセキュリティを取り巻く状況において、企業には常に監視すべきデータが急増しています。サイバー犯罪者が別の犯罪者からその手法を学ぶ一方で、企業は独自に脅威への対抗を行ってきました。Spotは、どんなベンダーやカスタムのセキュリティアプリケーションでもプラグインすることができる単一の共有オープンデータモデルを使用することで、セキュリティオペレーションセンターからサイロ化した独自のアプリケーションデータリポジトリを排除することができます。またSpotは、Apache Sparkコミュニティとも協力関係にあり、その並列処理能力を活かした機械学習やAIを高度な脅威検知に活かすことも可能となっています。

ClouderaのCEOであるTom Reillyは次のように述べています。「共通のアーキテクチャ抜きに、いくらサイバーセキュリティアプリケーションを寄せ集めたところで、それはデータをサイロ化するだけであり、迅速な脅威の検知、調査、修正に利用可能な、高度な分析機能の効率に制約を与えることになります。Apache Spotプロジェクトは、新しい分析機能実現のためにデータによる制約を排除し、業界を横断する形で企業のリスクを低減できるようにします」

2016年9月、Intelは、Clouderaの支援の元、SpotをApacheソフトウェア財団に寄付しました。この寄付は、サイバーセキュリティ業界にとって大きなマイルストーンと言えます。Apache Spotに対するIntelとClouderaの協力によって、新しいレベルのサイバーセキュリティ対応が可能となり、社会を脅かしている高度なサイバー攻撃を検知するための、新しい分析機能の追求を社会全体で続けられるようになります。Apache Spotは、その立ち上げから業界に認められ、InfoWorld’s 2017 Technology of the YearEdison Award for Collective Disruptionといった賞を受賞しています。

Intel Corporation

「Apache Spotコミュニティの推進力や互いの協力によって、AIを可能にしたり、オープンで拡張性の高いプラットフォームを使用して、あらゆるセキュリティデータを包括的に可視化することができるようになりました。Spotのオープンデータモデル、拡張性や柔軟性によって、一つの豊富なデータセットを共有しながら稼動するAIベースのアプリケーションのための優れたエコシステムが成長しています」
— Alan Ross, senior principal engineer and chief cloud security architect

Context Relevant

「Apache Spotによって、CISOのサイバーセキュリティデータを1つのプラットフォーム上に効果的に集約できるようになりました。Context Relevantでは、Spot上にMLドリブンなContext Security Engineを提供することで、お客様が高度な永続的脅威を迅速に検知し、阻止できるようになること大変嬉しく思っています。当社が注力したいのは、セキュリティ分析に対する革新的な結果を創造することであり、データソースの管理に手間をかけることではありません。Spotの優位性は、企業間に存在するセキュリティデータのリポジトリにおける壁を打ち破り、Context Security Engineがデータセット横断的に高度な活動の関連付けを行い、さらに脅威を検知するまでの平均時間を劇的に短縮できるところにあります」
— Dustin Hillard, vice president of Engineering

Arcadia Data

「セキュリティ要件に完全に対応するためには、サイロ化したシステム内に存在する多様な企業のデータソースを横断的かつリアルタイムで分析できることが必要となりますが、これには膨大な時間と費用がかかります。Apache Spotでは、このようなデータソースをひとまとめにして取り扱うことができるため、Arcadia Dataによって、セキュリティ専門家は、はじめてネットワークやエンティティ、アプリケーション、そしてエンドポイント横断的な調査ワークフロー、リアルタイムインシデント対応、機械学習によるデータ検索といった高度な仮想アプリケーションを構築することができるようになります」
— Shant Hovsepian, co-founder and chief technology officer

Streamsets Inc.

「Streamsets Inc.は、Apache Spotコミュニティと共に、Apache Spotオープンデータモデルに対するサイバーセキュリティデータの投入に尽力してきました。StreamSetsは、予め構築済みのパイプラインやコネクティビティを提供することで、企業が容易にApache Spotアプリケーションを構築し、機械学習で脅威を素早く検知するための多様なセキュリティ関連データフィードを分析できるようにします」
— Arvind Prabhakar, co-founder and chief technology officer

関連リンク

Clouderaについて

Clouderaは、最新のオープンソーステクノロジーに立脚し、現代の顧客要件にマッチしたデータ管理と分析のためのプラットフォームを提供しています。世界有数の企業が、現在最も高速かつ取扱いが容易で、セキュアなデータプラットフォームであるCloudera Enterpriseを利用して、その困難なビジネスの課題の解決を図っています。Clouderaのお客様は、膨大な量のデータを効率的に取得、ストア、処理、分析できることで、迅速で柔軟な業務判断に必要な高度な分析や機械学習機能をこれまでには無い程の低コストで実現しています。Clouderaでは、お客様を確実に成功に導くことができるよう、総合的なサポートやトレーニング、プロフェッショナルサービスなどを提供しています。詳細については、http://jp.cloudera.comをご覧ください。

Clouderaに関する情報は、下記でご覧いただけます

Clouderaウェブサイト:http://jp.cloudera.com
日本公式ブログ:https://blog.cloudera.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/clouderajp
Facebook:https://www.facebook.com/cloudera

Cloudera、Hueおよびその他の関連する商標はCloudera Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は一般に各社の商標です。

 


Contact us

製品やサービス、サポート、トレーニングについてのより詳しい情報は、下記までお問い合わせください。

Cloudera全般(日本語)
info-jp@cloudera.com
二ユースレター購読 (日本語)
Clouderaからの日本語での二ユースレター購読希望の方は
info-jp@cloudera.com
件名: ML_SUBSCRIBE
でメールをお送りください