Hadoopができること

Hadoopができること、それは簡単にいえば、「企業全体のデータを格納・分析する手段を刷新すること」です。

Hadoopがあなたのためにできること

Hadoopができること、それは簡単にいえば、「企業全体のデータを格納・分析する手段を刷新すること」です。アナリストによると、世界中のデータの約80%は非構造化データであり、Hadoopが登場するまで、これらのデータは従来のシステム手法では基本的に扱えないものでした。Hadoopによって、初めて構造化・非構造化すべてのデータを組み合わせ、ひとつの分析対象として見ることができるようになったのです。

 

すべてのデータを有益なものに

Hadoopは、今企業内にある全データから、価値ある情報を引き出すことができます。24時間365日データをシステム内に取り込み、以前は不可能だった最適化を行うためにデータを活用します。また、確かなデータに基づいた判断を下し、直感に頼ることはなくなります。サンプルではない、完全データを調べることができます。日次や週次ではない、年次単位でのトランザクションを調査できます。要するにHadoopは、組織の運営法を変えていくのです。

 

あらゆるシステムの、あらゆる形態の全データを活用

Hadoopは、異なるシステムにあるどんな形態のデータもすべて扱うことができます。構造化データや非構造化データはもちろん、ログファイル、画像、音声ファイル、通信記録、電子メール – 思い付く限り、どんなデータでも扱えます。たとえ、さまざまな形態のデータが無関係なシステムに格納されており、それを将来的にどのように活用すべきか見えてこなくても、すべてのデータをHadoopにダンプすることができます。

 

今、所有するシステムを超えて拡張できる

世界最大のソーシャルネットワークは、Hadoopと同じオープンソース・テクノロジー上で構築されており、現在データ量は100ペタバイトを超えています。普通は、これほど以上のデータを持つ組織はないでしょう。もし、システムキャパシティがさらに必要になったら、コモディティのサーバーマシンをさらに追加するだけで、Hadoopが自動的にストレージをシステムに組み込みコンピュータ容量を計算します。

Cloudera のビッグデータソリューションはこちら

 

ネット通販

  • レコメンデーションエンジン – 予測分析に基づいて補完的な製品をレコメンドしてクロスセリングを促し、顧客の平均発注規模を増加
  • クロスチャネル分析 – 販売への貢献、平均発注価格、製品のライフタイムバリュー分析(例:特定のレコメンデーションや広告、プロモーションが、どれくらい店内の購買品に影響を与えたのか分析)
  • イベント分析 – 購入や登録など、期待される成果(ゴールデンパス)につながる手順は何かを分析

金融サービス

  • コンプライアンスと規制レポーティング
  • リスク分析とマネジメント
  • 不正検出とセキュリティ分析
  • CRMと優良顧客プログラム
  • クレジット・スコアリングと分析
  • 取引監視

政府機関

  • 不正検出とサイバーセキュリティ
  • コンプライアンスと規制分析
  • エネルギー消費と二酸化炭素排出量管理

ヘルス&ライフサイエンス

  • キャンペーンとセールスプログラムの最適化
  • ブランドマネジメント
  • 患者ケア品質とプログラム分析
  • サプライチェーンマネジメント
  • 新薬剤の発見と開発分析

リテール/消費材

  • 商品計画とマーケット・バスケット分析
  • キャンペーン管理と優良顧客プログラム
  • サプライチェーンマネジメントと分析
  • イベント-および行動-ベースのターゲッティング
  • 市場と顧客のセグメンテーション

テレコミュニケーション

  • 収益保証と価格の最適化
  • 顧客の解約防止
  • キャンペーン管理と優良顧客
  • CDR(Call Detail Record:通話詳細記録)分析
  • ネットワークのパフォーマンスと最適化

ウェブ&デジタルメディアサービス

  • 大規模クリックストリーム分析
  • 広告のターゲッティング、分析、予測、最適化
  • 不正使用、クリック詐欺防止
  • ソーシャルグラフ分析とプロファイルのセグメンテーション
  • キャンペーン管理とロイヤルティプログラム

次のステップへ

Hadoopについての基礎を学ぶためのトレーニングを受ける

Clouderaのビッグデータ製品について知る

Clouderaのセミナーに参加する

 


Contact us

製品やサービス、サポート、トレーニングについてのより詳しい情報は、下記までお問い合わせください。

Cloudera全般(日本語)
info-jp@cloudera.com
二ユースレター購読 (日本語)
Clouderaからの日本語での二ユースレター購読希望の方は
info-jp@cloudera.com
件名: ML_SUBSCRIBE
でメールをお送りください